ヒストリカルゲーム

1941年 ブレスト要塞防衛戦

ベラルーシ共和国のブレスト要塞の戦いを見学して来ました。
2011/6/22

すっかりアップする時間が無くて、2013年1月のアップです。(^^;





プロローク / 英雄都市

 2011年6月22日 ベラルーシ共和国、ブレスト市で再現戦が
 行われました。  
 史実では朝4時に開始された為式典はまだ日の昇らない早朝
 から行われました。

 

 6月末とは言え、早朝は寒いです。
 ベラルーシ軍の紅茶のサービスには人が
 集まっていました。





 ブレスト要塞
 要塞の入り口では、人の足音に続いて
 開戦を知らせるラジオ放送と砲撃や爆撃の戦闘音
 その後に「聖なる戦いの歌」が延々と続きます。








 第二次世界大戦は、最早遠く過去の物語かもしれない
 少なくとも、今を生きる若者は過去に縛られること無く
 未来を歩くべきである。
 だが、その陰で少しずつ崩れ去り土に埋もれて行く
 遺跡がある。
 
 ブレストの城に有った病院の跡地は、冬の雪に埋もれ
 春の訪れと共に顔を出す。
 そして、また夏草の中に埋もれて行く。。。

 当時のままに爆撃の跡が残り、時々映画の撮影や
 研究員の先導で入る観光客のカメラに写されながら
 役目を終えた病室や治療室は自然に還って行く
 のである。

 
       

 今回は、戦いの写真が撮れませんでした。
 ビデオには、撮ってあるのですが。。。。

 

 


 この本物の史跡の上に黒煙が上がる程の
爆薬を仕掛けて、再現戦をやった。

観客はだいぶ離れて見るのですが、それでも
飛び上るほどの爆音と衝撃波が届きました。
ここにこもって戦う赤軍は、とてもご苦労様です。

  参加した赤軍は、200人は超えていたと思う。
  写真は一部で、未だゾロゾロいる。

  ドイツ軍は数十人と言った感じでした。

 



                                     
 状況開始直前の頃です。
 5時過ぎ位だったと思います。
 まだ、結構寒かったです。

 友人のアルチョン君です。
 東京にも来て一緒に遊びました。
 

 赤軍より全然少ない兵力ですが、彼らはドイツ最強の
 死なない兵隊さんなので赤軍は次々と倒されて
 ブレスト要塞は陥落してしまいました。





 赤軍には、未だうら若い少年兵も大勢おりました。
 

 この風景は、映画「ブレスト要塞」でも出て来たような気が
 するのだが、3メートル位の爆炎が上がる程の爆薬を
 真上にしかけていた・・・。ええのだろうか・・。 (^^;;

 女性の参加者も結構いました。

 彼女らは後でミンスクの戦いにも参加したので
 一緒に戦いました。 





戦いすんで日が暮れて・・・


  みなさん楽しそうでした。
  私もいつか参加したいものです。。

 当日は、とても良い天気でした。
 郊外に有るレーニンさんも清々しそうです。


 コウノトリも元気に巣作りをしていました。



  お終い。







何ぞ問題があった場合の抗議先
kabanov_de_go@yahoo.co.jp



 
 おっ 俺も行きてぇぇぇぇ という方がいらっしゃいましたら、、、、
 

メールを送って下さいませ、可能な範囲で対応致します。


 日本国内の活動でソビエト赤軍にご興味の方はこちらへ
 国際大隊Интернациональные батальон













Copyright (c) 2010 RussianTea All Right Reserved.